世界を変えるプロジェクトを教室の庭に

0
44
日光は私たちの惑星を物語に満ちた場所に変えることができます
日光は私たちの惑星を物語に満ちた場所に変えることができます

グレタ・トゥンバーグに触発されて、学生たちが街頭で「私たちは気候変動の影響に苦しむ最初の世代であり、それを緩和したり止めたりするために何かをする最後の世代になるだろう」と叫んでいる今日、学校の庭は、児童・生徒の教育に対する最高の投資となるでしょう。 教室で、テラスで、あるいは自宅で、イタリア式の小さな菜園を育てることは、今や誰でも、どんな環境下でも可能です。

学校の庭は、生物多様性を実験するための貴重な屋外実験室や教室です。 また、子供たちの目には、地面から芽や苗が出てきて、生命の力強さを感じられる喜びを再発見できる不思議な場所でもあります。

植物の発芽、成長、開花などの不思議な現象を観察し、地球を再発見する。 植物は生き物であり、世話をしなければならないことを学び、光、水、土などの本質的なニーズを察知する。 植物のライフサイクルの最後に、実を楽しみ、収穫する。 生物学、化学、物理学、環境教育などの科学実験のための無限のインスピレーション。

現代の家庭菜園はイタリアで生まれたもので、おそらくヴェネト州で生まれたものでしょう。当時の船は、貴重な織物や、食品の保存や風味付けに欠かせない、金に匹敵する価値のある貴重なスパイスを積んでやってきました。

小さな土地では、自給自足のためだけでなく、料理の味を向上させるために、いわゆる芳香植物が栽培されるようになりました。芳香植物とは、古代の医学や料理に使われた精油を豊富に含む、地中海沿岸に生息する野生のハーブのことです。 修道院の裏にある小さな菜園では、数千年にわたる農業の経験が数平方メートルの中に収められており、少ない資源でより多くのものを育て、より良く食べ、より良く感じるようにしています。

17世紀の庭園では、古代ローマ人の植物に加えて、アメリカ大陸から新たに到着した豆類、トウモロコシ、ジャガイモ、そしてクリストファー・コロンブスがイタリアにもたらした最も貴重な贈り物であるトマトが栽培されていました。 イタリアではトマトと呼ばれ、オリジナルの南米版ではその鮮やかな黄色から「ゴールデン・アップル」と呼ばれています。 イエズス会のホセ・デ・アコスタ神父は、1590年に出版された『Historia natural y moral de las Indias』の中で、「唐辛子の風味を和らげるために……彼らはトマタも使う。トマタは新鮮で健康的で、ジューシーな大粒のブドウのようなもので、おいしいソースになるが、そのまま食べてもおいしい」と初めて記述しています。

しかし、イタリアの菜園には、貴重な香りの心、知識と貴重な味の宝箱であるアロマガーデンを欠かすことはできません。 バジル(古代ギリシャ人にとって神のハーブ)、パセリ、タイム、オレガノ、ローズマリー、セージ、ヘリクリサム、ボリジ、サフラン、セイボリー…. のリストはまだとても長いでしょう。

www.biopic.itの垂直菜園により、テラスガーデンがなくても学校での菜園栽培が可能になりました。 冬には太陽光の代わりになる、エネルギー効率の高い最新のLED農業用ランプのおかげで、冬でも学校の暖房システムの自然熱を利用してミニガーデンを育てることができ、夏には学校が閉鎖されるため、子どもたちは春だけでなく実験や栽培をすることができます。

また、環境教育や食育の場としても、健康的な食生活の必要性を理解してもらうために、過剰摂取で健康を害するとされる塩の代わりに、香りのよいハーブを使って料理に香りをつけるなど、正しい食習慣を身につけてもらうために、スクールガーデンを活用しています。

実験室や教室、庭で小さな菜園を作ることは、生物学、化学、科学、植物学、歴史だけでなく、地理や芸術についても学ぶことができる学際的な経験となります。 庭のある学校では、生徒たちがしっかりとした知識と経験に基づいて気候変動について話すことができるようになっており、庭が生き生きとしたものになっています。